オーダーシステム

業務として重要な点

メモする男性

業務における車両管理というものの重要性

様々な業界で自動車というものは移動手段として用いられることは広く一般的となっておりますが、業務で使用する以上は管理を行うことが必要不可欠です。 人や物を運搬するといった事業で主体的に車両を運用するような運輸業界であろうと、業務を円滑に進める上で補助的に車両を用いるようなその他の業界であろうと、業務の一環の中に組み込まれている以上は車両本体のみならず使う人や運用および維持にかかるコストなどを管理する必要があるわけです。 つまり、業務で使用するにあたってどの程度の経費を要しており、それに加えて誰がどういった使い方をしているのかを把握しておくことが重要となるのですが、それらの情報を数値化されたデータとし一元化した上で車両管理として用いる方法が今後は主流になると考えられます。

データとして取得した情報をどのように活かすべきか

近年の携帯電話を始めとした移動通信の発達は、場所を問わずどこでも通信が出来ると呼べる状況になってきており、移動することが前提となる業務用の車両管理にも用いられ始めております。 移動した先々でそれぞれの車両に対してデータを送受信したり、GPSとの組み合わせで位置情報を把握するなど、即時性を活かした車両管理というものが可能となっているのです。 業務用の車両を運行している者がいつどこに居るのかまでデータとして得ることができることから、管理する側としては業務の遂行状況まで把握できる可能性もあるのですが、あくまでも車両管理を目的としたデータの利用に留意すべきです。 誰がどこに居るのかという情報にこだわることで行動管理への特化に陥ってしまわず、数値化されたデータの取得をどう活かして行くかということに着目する必要があるのです。

コストの削減

プレゼンする

CAN通信を使うことにより車のコストの削減に大きく繋がりました。従来のシステムだと車体の重量をが大きくコストもかかっていた所をCAN通信を使うことにより改善できるようになりました。

便利なカルテ

ノートとPC

昔までは病院などではカルテは紙に書かれていました。ですが、時代が進む中電子カルテが誕生ました。電子カルテの誕生により患者さんの大量の情報を簡単に整理することが出来るようになりました。

時代の進歩

手帳を持つ男性

通信環境が整ったことにより現代では様々な方と連絡を取れるようになりました。地球の裏側でも簡単に連絡が取れます。また、TV中継も簡単に行われる様になり最近ではTV会議なども行われています。

このエントリーをはてなブックマークに追加